新潟県立柏崎工業高等学校

柏工ロゴ
柏工校舎

学校長挨拶


学校長

新潟県立柏崎工業高等学校長

     長井 英幸

 本校は、昭和14年に工業学校として開校し、昭和23年より現在の新潟県立柏崎工業高等学校となり、今日に至っています。
 創立80年の歴史と伝統があり、卒業生は1万5千名を超え、新潟県内はもとより広く全国で活躍しております。特に地元柏崎市の産業界を支える重要な役割を担っております。
 本校は、工業科4クラスのくくりで入学し、自己の適性と進路希望や興味関心により、2年生から機械技術、電子機械、電気エネルギー、情報技術、環境化学、防災エンジニアの6コースに分かれて学習します。
 特にキャリア教育に力を入れており、2年生全員が3日間のインターンシップを体験しています。この経験を生かして職業意識を高め、進路決定をしています。そして、専門的な学習をとおして、将来、地域や産業界で活躍できる技術者の育成を目指し、早い時期から地元大学と連携し、高大接続に取り組んでおります。また、一生の財産となる技能士、電気工事士、危険物取扱者等の資格取得にも力を入れ、将来の進路を考えた学習指導に、教職員一丸となって取り組んでおります。
 部活動も陸上競技、野球、ハンドボール、水球・水泳部、バスケットボール、サッカー、ラグビー、バドミントン、卓球等の運動部が熱心に活動し、各種大会で好成績の結果をあげています。また文化部も専門高校の特徴を生かし、高校生ものづくりコンテスト大会、各種ロボット大会、エコカー大会等で好成績をあげています。
 今後とも引き続き全力で教育活動を続けていく所存でありますので、本校の未来に向けて、ご支援・ご指導をよろしくお願い申し上げます。

令和2年4月1日